仲介してもらっても手数料が無料?そのような不動産業者はおすすめ?

仲介手数料が無料だと、不動産を購入する際や不動産を借りる際の初期費用を大幅に安くすることができるので、節約したい人におすすめできます。不動産の金額は高額ですので、節約できる金額も高額になります。
仲介手数料は物件を仲介してくれた謝礼として不動産業者に支払う手数料であり、宅地建物取引業法によって上限が制限されています。仲介で不動産を売買する時の手数料は複雑な計算が必要になりますが、物件価格の約3%の金額が手数料になります。
賃貸マンションや賃貸アパートを借りる際の仲介手数料は家賃の1ヶ月分が上限になりますので、家賃が10万円の物件を借りる際の手数料は10万円になります。家賃が高額な物件になるほど手数料も高額になりますので、高級タワーマンションやデザイナーズマンションなどの高級賃貸になると、かなりの高額な手数料を支払うことが必要になります。
不動産業者の中には仲介手数料を無料にしている場合がありますので、そのような不動産業者を利用すると手数料が0円になり、初期費用を低く抑えることができます。例えば、10万円の賃貸物件を借りる際には、本来であれば10万円の手数料が必要になりますが、手数料無しで借りることができますので、借主にとっては大きなメリットがあります。
仲介手数料を無料にできる仕組みは、不動産業者は賃貸物件のオーナーからも手数料を受け取っていますので、借主から手数料を受け取らなくても収入を得ることができるからです。しかし、本来は借主から受け取れるはずの手数料が0円になると、不動産業者の収入は減ってしまいます。よって、手数料を無料にしている不動産業者は経営基盤が安定している業者が多いです。
仲介手数料を無料にできる他の仕組みとして、不動産業者が所有している物件を貸す場合には、仲介の手数料を無料にすることができます。自己所有の物件を貸す時には仲介をする必要はないので、根本的に手数料は0円です。自己所有の物件を数多く所有している不動産業者は経営基盤が安定していますので、仲介の際の手数料も0円にしているケースが多いです。
不動産業者の中には、仲介の手数料を半額にしている業者も存在します。手数料が0円には及びませんが、手数料が半額でも借主にとっては大きなメリットが得られます。どうしても借りたい物件があり、仲介の手数料が半額であれば、手数料無しにこだわらずに契約することをおすすめします。仲介の手数料を無しにしている業者はあまり多くありませんが、手数料を半額にしている業者は増えています。仲介の手数料を半額にしている業者も選択肢に含めると、物件の選択肢も広がります。
仲介の手数料が無しのサービスを利用する際の注意点として、手数料無しにこだわると物件の選択肢が限定されますので、本当に借りたい物件を借りることができなくなる場合があります。全ての不動産業者が手数料を無しにしているわけではないため、手数料が必要な不動産業者を除外してしまうと借りられる物件が限定されてしまいます。どうしても借りたい物件がある場合には、たとえ手数料の支払いが必要であったとしても、手数料を気にせずに借りることが賢明です。
その他の注意点として、最近は敷金や礼金が不要のフリーレントの賃貸物件が増えています。敷金や礼金は家賃の半年分程度の額になりますので、不動産を借りる際にはまとまったお金が必要になります。フリーレントの賃貸物件だとたとえ仲介の手数料がかかったとしても、敷金や礼金が0円になりますので、トータルコストは断然安くなります。よって、フリーレントの物件を借りる際には、仲介の手数料はあまり気にする必要はありません。
不動産に関するおすすめのサイト:OSM Plus|不動産を高く売りたい人のためのメディア